最新ニュース

05/2018

"h-キューブ " 地平線から地平線への高精細流星のカメラアレイ (h3DMCA) は、現在サイト上にありますが、アクティブにされませんし、データは、アップグレードされたデータ接続システムが就役したときに、早ければ2018の春までアクセスでき.

. . .

サイトの開発この夏は、我々のコントロールを超えて状況のために計画よりも遅くなっているが、我々は春と2018/2019 の夏以上の時間を作ることを願っています。

11/2017

提案されたサザン天文学リザーブ (SAR)は、いくつかのグループや個人が現在密接に私たちと一緒に建設とその提案のリモート操作のインストールのための計画を開発するために取り組んで、大きな関心を集めている天文台や望遠鏡。

10/2017

新たな関心のために、BPO は、サザン天文学リザーブ (SAR) の概念は、さらなる議論の結果を保留中に復活されると追加のリソースが利用できるようになります。これは、以前に提案されたロボット望遠鏡リザーブ (RTR) が含まれています。

. . .

ムーングロウテクノロジすべてのスカイカメラは、2つの高解像度 (8 + MP) イメージャに取って代わられますが、アクティブとオンラインのままになります。

. . .

BPO の新型オールスカイマルチカメラ流星検出・観測システムの最終組立・試験が日本で進む。サイトのインストールと H-キューブの試運転、地平線から地平線への高精細流星カメラアレイ(H3DMCA)南半球の夏に予定されています。(ソニーの日本に感謝しています。

09/2017

元のサイトの小屋以外のすべてのレガシー構造は、解体されているとはるかに改善された交換保留中の削除, 冬の雪解けが離れてまたは蒸発した後に開始されます作業.

08/2017

オンサイトのインフラ整備により、現在は天文台ネットワークの外でライブセンサーデータを入手することはできませんが、リクエストに応じて入手でき、適切なメディアを介して提供されます。